【フレーズ集】sweetの意味や使い方【スラング】

【フレーズ集】sweetの意味や使い方【スラング】

この記事では、英語のフレーズである、sweetの意味や使い方を説明していきます。

筆者は英語初心者で、自分の勉強代わりにまとめています。

sweetの意味や使い方

sweet

sweetとは:甘い、甘口の、砂糖を入れた、など“甘さ”を意味する英語です。

ただそれ以外にも意味があり、とくにネイティブの間では:声が美しい、優しい、かわいい、愛らしい、など好意的な表現としてもよく使われます。


1.so sweet(あなたって優しいね)

so sweet

優しいね、親切だね、という意味合い。

どちらかといえば、男性よりも女性がよく使う。

soとセットで用いられることが多い。

2.Tha’s sweet(いいね、よかったね)

Tha’s sweet

相手に対して、「いいね」や「それ格好いいね」と同意するときにも使われる。

喜びや驚き(いい意味)でも用いられ、sweet!と単体でも使用可能。

3.sweet(かわいいね)

かわいいと意味合いで、主に人に対して使用。

小さい子供や女の子に使われ、大人の女性に対してはあまり用いられない。

4.sweet(奥さんや彼女への呼びかけ)

親しい女性を呼びかける際にもsweetは使われる。

honeyやbabyなどに近いと考えるとわかりやすい。

Hey,sweetだとただいまの意味。

※長年の間柄ではいい意味だが、2回めのデートなどで使うと相手をバカにしているニュアンスになる(まだ知り合って間もないのに馴れ馴れしすぎて)

5.sweet talk(甘い言葉)

sweet talk

おだてる、甘い言葉を使って誘惑する、などの意味。

6.sweet spot(いいところ)

sweet spot

スポーツでよく使われ、いいところ、中心のところという意味。

カップルが使うと、いちばん気持ちのいいところに変化。

7.sweet dreams(いい夢見てね)

sweet dreams

おやすみ、いい夢見てね、の意味で使われる。

good nightよりも心がこもった言い方。

8.sweet tooth(甘党)

甘党、甘いもの好き、という意味で使われる。

コメント

プロフィール

▶高校を受験せずお笑い芸人を目指す→ネタ見せ2年→小説を10年間で110作書き新人賞受賞→漫画で同人作家7年→現在、調べ物好きが転じてブロガーに

つむぎゆりをフォローする

アーカイブ

タイトルとURLをコピーしました